組織のエンゲージメント向上を支援するクラウドサービス「engauge.works」のベータ版を提供開始

2017年10月11日製品

チームのエンゲージメントを上げてイノベーション創出を支援するクラウドサービス「engauge.works (エンゲージ・ドットワークス、以下エンゲージ)」のベータ版の提供を2017年10月11日(水)より開始します。

ディスカバリーズ「エンゲージ」が目指す「働き方改革」のビジョン

社内にもインターネット上にも情報があふれ、私たちは必要な情報を選別して処理することに、多くの時間を消費しています。その一方で、業務効率化や労働時間削減を求められ、多くの人々がストレスを抱えています。ディスカバリーズは、社員がイキイキと働き、組織やチームに貢献する働き方を支援する製品とサービスによって、これらの課題解決に貢献したいと考えています。

今回発表するエンゲージは、人工知能(AI)を活用して個々に合った適切な情報収集を行うとともに、効率的な情報共有を通じて、個人やチームのパフォーマンスを最大化することを目指します。さらに、情報の利用に応じてマイルが貯まるといったインセンティブを設定することで、ストレスだった情報収集や利用を「ワクワク」に変えていきます。

今回提供を開始するベータ版はクラウドサービスですが、2018年春に予定されている正式版リリース時にはスマホアプリも展開し、将来的には働き方の可視化、メンタルヘルスのモニタリング、情報活用で取得したマイルの福利厚生活用など、様々な機能拡張を計画しています。

エンゲージは、社員に価値ある情報をつなぎ、成果のためにチームをつなぎ、そして組織のゴールと社員のゴールとをつなぎます。その結果として、全ての社員がイキイキと働ける環境づくりを支援します。

詳しくはこちら:http://discoveries.co.jp/news/20171011/